ステンレス製のメリタノア SKT541B 割れる心配がないコーヒーメーカーです。

また、コーヒーメーカーのガラスサーバーを割ってしまいました。これで3回目。

手からすべり落ちたこともあるし、上から物をすべらせて割ったこともある。よっぽど私が手荒いのか、ガラス製のサーバーって慎重に扱わないと割れやすいんですよね。

そこで、選んだコーヒーメーカーは、Melitta(メリタ) NOAR(ノア)  SKT541B
Melitta(メリタ) NOAR(ノア) SKT541B 箱入り画像
ステンレス製なので、これで手からすべらせても簡単に割れる、壊れる心配はありません。

スポンサーリンク

Melitta(メリタ) NOAR(ノア) SKT541B

メリタノア SKT541Bの特徴

Melitta(メリタ) NOAR(ノア) SKT541B 箱に書かれた説明画像

アラーム&オートオフで省電力

コーヒーの粉と水槽に水を入れセットし、スタートボタンをポチっと押すとピピッとアラームが鳴ります。抽出終了後もアラーム音が鳴り、自動的に電源が切れます(※スタートボタンはonのままなので手動でoffに切り替えなければなりません)。

洗いやすい保温ポット

蓋をクルッと回すと外れます。口径が大きく、ステンレス製真空二重構造で頑丈な保温ポットです。保温性にも優れ、淹れたてのおいしさが長持ちします。

しずく漏れ防止機能

保温ポットをはずしてもしずくがもれにくいので、プレートが汚れるのを防ぎます。確かにあまり汚れが目立ちません。

メリタ式1つ抽出

1908年の創業以来、様々な研究を重ねて完成した現在のメリタ式1つ穴フィルターは、その角度やミゾがお湯の流れをコントロールし、理想的なコーヒーが抽出できるように設計されているのだそうです。

Melitta(メリタ) NOAR(ノア) SKT541Bのミゾ画像

保温性抜群 電源が切れても温かいコーヒー。

朝一番にコーヒーを仕掛けて、洗濯機を回す→弁当作り→洗濯干し→雑用し、ようやく朝食&コーヒータイムです。抽出時間はわりと速く、自動で電源が切れ約1時間近く経過したあとでもコーヒーは温かいです。

コーヒーの味わい

Melitta(メリタ) NOAR(ノア) SKT541B画像

手で淹れるコーヒーと比べ味は落ちますが、薄いアメリカンが好みの私には十分です。今まで使っていた格安コーヒーメーカーよりは、余程おいしいコーヒーが味わえます。

因みに、我が家お気に入りのコーヒーの粉は、コチラ。

コーヒーは、朝しか飲まないし量も多く1袋1ヶ月以上は持ちます。

おいしいコーヒーより、サーバーが割れないことのほうが重要なんです。

その後

2016年12月に購入して1年と数ヶ月、未だ全く問題なく使用しています。

夏場は、ポットに氷を加えアイスコーヒーにして飲んでいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする