歯医者さんですすめられたPENFIT(ペンフィット)歯ブラシ。

定期的に通っている歯医者さんで、担当の歯科衛生士さんからPENFIT(ペンフィット)歯ブラシを薦められ使い始めました。

使ってみると、なかなかいいのでPENFIT(ペンフィット)歯ブラシについて参考までに。

スポンサーリンク

 PENFIT(ペンフィット)歯ブラシ

 PENFIT(ペンフィット)歯ブラシとは?

ペンフィットハブラシ画像

PENFIT(ペンフィット)歯ブラシとは、歯科衛生士さんの情報誌フリーマガジン「タフトクラブ」読者の共同開発製品です。

力の入れ過ぎで歯肉を傷つけない「ペングリップ」ができるように、というメッセージが込められています。と裏面に書かれています。

通院先の歯科医院では、クリーニングの仕上げにPENFIT(ペンフィット)歯ブラシが使われています。

歯科衛生士さんによる、極丁寧なブラッシングでキレイさっぱり。担当の歯科衛生士さんの腕が良いのは確かですが、同時に歯ブラシの質の良さも伝わります。

歯ブラシはやわらかめが良い?

一般的に市販で販売されている歯ブラシは、かため、ふつう、やわらかめの3種類がありますが、実際どの歯ブラシが歯に良いのか伺ったところ、やわらかめの歯ブラシが良いという答えが返ってきました。

歯や歯茎を傷つけないためにも、やわらかめの歯ブラシで、力を入れず丁寧にブラッシングすることが大切なのだそうです。

PENFIT(ペンフィット)歯ブラシの特徴と使用感

ペンフィット歯ブラシ画像

PENFIT(ペンフィット)歯ブラシは、市販で販売されているやわらかめの歯ブラシと比べても、更に毛先が繊細でやわらかいのが特徴。力を入れ歯をゴシゴシ強引に擦って磨かくとすぐに毛先がダメになってしまいます。

磨きにくい奥歯のブラッシングや歯と歯茎の付け根などのブラッシングに最適。

特に、奥にある親知らずは、PENFIT(ペンフィット)歯ブラシで磨くと毛先が隅々まで届きやすく磨き残しを防ぐことができます。

但し、毛先が柔らか過ぎて、人によっては物足りなさを感じるでしょう。

PENFIT(ペンフィット)は、まとめ買いがお得。

歯科医院での販売価格は1本400円。市販では販売していないと聞き400円で購入していましたが、調べてみたところネット通販では、安く手に入れることができます。

歯ブラシは、毛先が消耗品であることから耐久性も低くちゃんと歯が磨ける期間は約1ヶ月。定期的に取り替えることも大切です。

何本か、まとめ買いすることで1本辺りの値段も更にお得に。

やわらかめの歯ブラシが好みの方は、お試しに使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする