APOSENのお手軽コードレス毎日の掃除機がけが楽々レビュー。

一匹娘さくらさんが我が家にやって来て早2年。

週に1~2回掃除機をかければ良かった夫婦二人暮らしから一転、愛犬の抜け毛が思いのほか多いことから、余程のことがない限り掃除機がけを欠かせない暮らしになりました。

キャニスター掃除機で毎日、時に引っ繰り返ったモーターを元に戻したり絡まったコードを調整しながら、せっせと掃除機がけをこなしてきました。

クイックルワイパー並みに手軽な掃除機が欲しいと思い続けた2年間。

引っ越しを機にようやく欲しかったコードレスを手に入れることができました。

スポンサーリンク

安くてもあなどれない超軽量コードレス掃除機APOSEN H10

コードレス掃除機APOSEN H10のパッケージ画像

今回、楽天スパーセールでお得に手に入れたのは、APOSENのH10型超軽量掃除機です。

愛犬さくらが我が家にやって来た2年前と比べ、お値打ちな物から高価なものまで、今やコードレスは多種多様。

仕事柄他所様で掃除機をかける機会が多く、かの有名なダイソンの使い心地も知っています。

確かにダイソンは吸引力は優れていますが、個人的には決して使い勝手が良いわけではありません。

お値打ち価格で尚且つ軽くて性能がある程度優れていればいうことなし。

そんな我が家の条件にぴったりハマったのが、コードレス掃除機APOSEN H10型でした。

色は白かピンクの2色から選択可能。我が家はピンクを選びました。

注文から3日で届く 開封してパーツを確認

コードレス掃除機APOSEN H10 各パーツ画像

  • 本体
  • バッテリー
  • アルミチューブ
  • フロアヘッド
  • ブラシ
  • 隙間ノズル
  • アダブタ―
  • 壁掛け
  • ネジ
  • 説明書

仕様

型番 H10
電源アダブタ―電圧 22.2v
消費電力 130w
バッテリー容量 2000mAh
ダストカップ 0.6L
使用時間 20~30Min
充電時間 5.5h
騒音 63dB≤
吸引力 10kpaパワープールモード/7kpa標準モード

組み立て簡単

バッテリーを本体にスライドさせカチッとはめる

APOSEN H10 本体にバッテリー取り付け画像

あとは使用するアルミチューブとフロアヘッドを取り付け完成。

コードレス掃除機APOSEN H10画像

使用する前にバッテリーを充電

APOSEN H10 アダブタ―画像

充電方法は、バッテリーを直接充電するか、バッテリーを本体に装着して充電するか二通りあります。

充電中はバッテリー表示ランプが点滅します。

充電時間は5.5時間

充電が完了すると、ランプが自然と消えるのでわかりやすいです。

吸引力は? 薄手のカーペットならスイスイ吸引

これまで使用してきたキャニスター掃除機と比べ、吸引力は劣りますが、我が家の居住形態は、2DKの賃貸物件。

畳、フローリング、薄手のカーペットを敷いた箇所がある程度で通常運転でも何の問題もありません。

モフモフとした厚手の絨毯は我が家にないので試すことは不可能ですが、薄手のカーペットなら普通にゴミを吸い取ってくれます。

というわけでパワーアップボタンは余程のことがない限り使用しません。

短所を上げると

APOSEN H10の電源スイッチ画像

隙間を掃除するとき、わざわざ隙間ノズルに取り替えるのが面倒で、フロアヘッドを外してアルミチューブの先っぽで吸い取るのですが、フロアヘッドはアルミチューブを一度縮めてからでないと取り外し難いです。

ちなみにキャニスターならこの作業が簡単でした。

また電源スイッチの位置がちょうど持ち手の部分にあたり、掃除中電源をオフにしてしまうことも。

掃除機は軽く片手で掃除できないこともないけど、私は両手のほうが掃除しやすいです。

溜まったゴミも簡単にポイ

APOSEN H10 ゴミ捨てレバー画像

ゴミ捨てレバーを押して溜まったゴミを処分します。

金属フィルターは取り外して水洗いすることができます

紙パック式と比べ、サイクロン式はこの点がやや面倒ですね。

使用後は再び充電

コードレス掃除機APOSEN H10 充電画像

使用時間は約15分~20分。一度の使用でLEDランプが一つ消滅するかしないか。我が家では充電は2日に1回にしています。

念入りに時間をかけて掃除機をかける前日は、直後に充電するようにしています。

感想 まとめ

良い点

  • 軽い
  • コードがない分ストレスなく掃除機をかけることができる
  • 見た目もコンパクトで収納に場所をとらない

困った点

  • 溜まったゴミを処分する際埃が立たないように気を付けなければならない

あまりに良いので実家にも白を注文しました。

掃除機がけが実に楽ちん。苦痛だった毎日の掃除機がけが逆に楽しみになりました。