クリスタで桜の花ブラシを作成 対象定規なら花弁1枚描くだけ。

レースブラシに続いて、今度は表現色をカラーに設定して桜の花ブラシを作ってみました。

クリスタには、既にデコレーションブラシに桜が登録されていますが、ちょっと違った雰囲気の桜の花ブラシが欲しかったので自分で作ってみることにしました。

前回のレースブラシと同じく、絵を描くセンスがなくても大丈夫。対象定規を使えば簡単に作ることができます。

スポンサーリンク

CLIP STUDIO PAINT PRO 簡単 桜の花ブラシの作り方

CLIP STUDIO PAINT PRO新規レイヤー設定画面画像

色を反映させたかったレースブラシと違い、桜の花に関しては、色付けして作成。

その場合は基本表現色はカラーに設定します。

新規レイヤーサイズ:幅510×高さ510

解像度:72

基本表現色:カラー

※カラーで作成した場合、色を反映させることはできません。

対象定規を使った河津桜をイメージした桜の花の描き方

対象定規は、線の本数を5に設定し

定規をはみ出すように花弁を1枚描く。これだけでOK。

あとは外側と内側を色分けして、ツールパレットの塗りつぶしで色付けし、花粉を描けば1輪の桜の花が完成です。

CLIP STUDIO PAINT PRO対象定規で描いた桜の花画像

桜の花を増やしてそれぞれの大きさを変更

桜の花は1輪でもかまいませんが、大小異なる花ブラシを作ってみたいので、もう少し花を増やしてみることにします。

完成した桜の花を、レイヤーメニュー→定規・コマ枠→定規を削除

定規・コマ枠削除画面画像

編集メニューから、コピー→貼り付け→貼り付けを繰り返し行います。

CLIP STUDIO PAINT PRO機能コピペ画像

好みの数になったら

それぞれのレイヤーを選択し、編集メニューから、変形→拡大・縮小・回転を実行

CLIP STUDIO PAINT PROレイヤー変形機能画像

適当に縮小して確定します。

CLIP STUDIO PAINT PRO画像縮小画像

それぞれのレイヤーを縮小変更し、バランスを整えたら

CLIP STUDIO PAINT PROで作成した桜の花素材画像

一番上のレイヤーを選択、レイヤーメニューから、下のレイヤーと結合を選択し

CLIP STUDIO PAINT PROレイヤー結合機能画像

ばらばらだったレイヤーを一つにまとめます。

素材登録とサブツール複製

素材が完成したら

編集メニューから素材登録を選択し

素材名をつけて、ブラシ先端形状にチェックを入れ、素材保存先→すべての素材→画像素材→イラスト→ブラシでOK

CLIP STUDIO PAINT PRO素材登録画面画像

続いて、サブツールの複製を行います。

今回は、デコレーションパレットの花の中にある同じ桜を選択し

CLIP STUDIO PAINT PROサブツール複製機能画像

サブツールの複製を行いました。

表示されたウィンドウに、名前を付けてOKをクリック

これでサブツールの複製が完了しました。

作成した素材をブラシ登録

続いて、登録した作成素材をブラシとして使うためブラシ登録を行います。

ウィンドウメニューからサブツール詳細をクリック

ウィンドウが表示されたら、ブラシ先端→先端形状をクリック

CLIP STUDIO PAINT PROで作成した桜の花ブラシ登録画面画像

作成した素材の中から、先に作成した桜の花を選択しOKをクリック

これでブラシ登録が完了しました。

ブラシ登録完了画面画像

その他の調整はお好みで

作成したブラシの使用感

1600×1200で描いたイラストに作成したブラシを使って桜の花を散りばめてみました。

何となくですが、それらしい雰囲気に。

但し、100%で表せるなら問題ないですが、実際、イラストを投稿する場所によって、実寸とは違って表示されることを考えるともう少し大きめサイズで作っても良かった気がします。

以上

対象定規を使えば簡単にできる、桜の花ブラシの作り方でした。



ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード