すっきり爽快 汚れが見える洗浄口内液プロポリンス。

プロポリンス画像

プロポリスエキスが配合されたプロポリンスは、汚れが見える珍しいタイプのマウスウォッシュです。

使い始めたキッカケは、ドンキホーテでお試しで購入したのが始まりです。

スポンサーリンク

洗浄口内液プロポリンス

プロポリンスの特徴

プロポリンスといえば、今から数十年前、一時期ブームになったことがあります。

ほんの僅かの量で3,000円以上もする高価な値段。風邪を引くとプッシュ式の原液を数倍の水で薄めうがいすると殺菌効果があるとかで、プロポリンス信者である親に半ば強制的に使わされていました。

今思えばありがたいものなのですが、当時はどうにもこうにも苦手でした。濃密で独特な風味があり色は黄色というより茶褐色に近い色合いだったと記憶しています。空気に触れ暫くすると白っぽく固まるのが特徴。

プロポリンスは、そのプロポリスがエキスとして配合されているそうです。

お口の汚れを洗浄。口臭を防ぐ口内洗浄液です。

マイルドな爽快感。プロポリスエキス(香味剤)配合

歯にやさしい天然甘味料のキシリトール(香味剤)配合

吐き出すと褐色の固まりが!目で見てチェックする新感覚のマウスウォッシュ。

従来のマウスウォッシュは、使った後すっきりするだけのものですが、汚れが目に見えるという新しい形のマウスウォッシュです。

プロポリンスの配合成分

配合成分
エタノール(溶剤) グリセリン(湿潤剤) クエン酸
クエン酸Na
リンゴ酸(ph調整剤)
PEG-60水添ヒマシ油(可溶化剤)
チャ葉エキス プロポリスエキス キシリトール
メントール
サッカリンNa(香味剤)
カラメル(着色剤) メチルパラベン(保存剤)
香料

アルコール含有のカンコク製です。

配合成分の大まかな役割

エタノール
アルコールの一種。揮発性があり主に殺菌・消毒などに用いられる成分です。

グリセリン
アルコールの一種。医薬品や化粧品に保湿剤や潤滑剤としての用途があります。

クエン酸
レモンやみかんといった柑橘類に多く含まれている他、梅干にも多く含まれている成分。サプリメントの成分として多用されています。

クエン酸ナトリウム
匂いはなく塩味と香味ある成分。さまざまな用途があり食品添加物としても多用されています。

リンゴ酸
爽やかな酸味が特徴。飲料や食品の酸味料として用いられています。

PEG-60水添ヒマシ油
PEG-60に水素添加しているトウゴマの種子から抽出されたヒマシ油を混ぜ合わせた成分。乳化作用があり保湿剤として化粧品の調合に使用されています。

チャ葉エキス
チャノキの葉のエキスです。

サッカリン
人工甘味料の一種です。

カラメル
水と砂糖のみを熱して生じた液体です。

メチルパラベン
防腐剤の役目を果たす成分です。

プロポリス
ミツバチがあらゆる植物、樹木から集めてきた天然樹脂を、働き蜂が口で噛み砕き唾液に混ぜて巣作りする際、蜜ロウとは別に蜂ヤニといって巣の隙間を埋める役目に使われている成分です。

キシリトール
天然の代用甘味料。冷涼感が特徴です。

メントール
ハッカ臭を持つ成分。歯磨き粉やガムなど口中清涼剤などに多用されるほか、医薬品にも用いられています。

プロポリンスの使用感

プロポリンスの液体画像

1回の使用量は、キャップにこれ位

茶褐色の液体で口内をゆすぐこと20秒~30秒。吐き出すと汚れが本当に目に見えます。例えるならもずくの食べカスのような感じです。

目に見える汚れというのは、タンパク質で、タンパク質は虫歯の原因となるものです。

汚れは日によっても全然違います。ということは、その日食べたものによっても違うのかなと思います。

我が家の使用頻度は低く、夕食後の歯磨き後1日1回と決めています。

プロポリンスは、刺激は少なくほのかな酸味があります。使用後も口内にタンパク質(もずくカスっぽいもの)が残っている為2~3回水で口内をゆすいでキレイさっぱり。

なかなか店頭販売しているところは少なく、たまに見かけても1,000円~とちょっとお高め。というわけで我が家は、ネット通販のまとめ買いで少しばかりお得に購入しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする