数ヶ月で挫折した私のWebライター体験記。

そもそも、ちゃんとした文章を書くことが苦手です。

書きたいことだけ書ける自由気ままなブログは楽しいけど、仕事となるとそうはいきません。

ライター稼業に興味すらなかった私が携わったキッカケは、フリーランスで働く友人からの依頼です。

軽い気持ちで引き受けたまでは良かったのですが想像以上に大変でした。というか、あまりのできなさぶりに、さぞや友人のほうがもっと大変だったことでしょう。ただでさえ忙しく時間がない友人の手助けになるどころか反対に煩わせてしまいました。

スポンサーリンク

 私のWebライター体験記。

まるでダメだしだらけの答案用紙

提出した記事に対して、以下のような指摘を受けました。

区読点が少ない

漢字が多い

誤字、脱字

説明不足、言葉足らず

全体的に言い回しがくどい

文章が硬く不自然

1つのテーマに集中すること(それないこと)

記事の終わり方が、やや強引

見出しの順番がおかしい

不要な見出しがあるので、小見出しをつけたほうが良い

等々こうしてみると散々ですが、それらの指摘に対し逐一的確なアドバイスをつけてくれていました。

ライティング初心者の私が受けたアドバイス

依頼を受けた記事を書く前に全体的な構成と流れを考え、自分だったらそこで何を知りたいか?ということを考えて書くこと。

ジャンルによって異なるが、記事全体を見た時に、漢字が多いと詰まった印象になるため難しい印象を受けてしまい、ユーザーの離脱率も上がりやすくなってしまう。

区読点は、ありすぎてもダメだが、反対になさ過ぎると読み手側が息継ぎができずしんどくなってしまうこと。

記事の内容について、自分の頭の中だけで理解できても、言葉が足りないと読み手に伝わらない。自分で読んでわかりづらいと他人が読めばもっとわからない。更に掘り下げて、具体的に説明しなければ伝わらないこともある。

サイトの持つ雰囲気やジャンルによって異なり、一概にこうとは決め付けられないが、文章全体の印象は、読者にフレンドリーな感じでありつつ、丁寧さも忘れずに。

等々。しかし、完璧な文章を仕上げるのは難しく、なかなか思うようにはいきませんでした。

記事を提出する前の最終確認

完成した記事は、音読する。

※声に出して読むとおかしな箇所に気付けるとのこと。人に話し聞かせるような感じで読むと効果的なのだそうです。

作業から離れ、再確認する。

※もう1度読むことで違和感に気付くこともあります。

スキル&スピードアップは、とにかく慣れることが大切

1つの記事(解説文)を完成させるためには、間違いがないか徹底的にリサーチする必要があります。リサーチには、時間が掛かることもあり、そこから文章に起こしていく過程が更に大変です。

また、ライティングという仕事には納期があります。

先ず、文章を箇条書きにし、後からまとめに入ると速く仕上げることができるそうです。

とにかく書いて慣れること。慣れてくると速くなる」とのこと。

あとがき

私の場合、リサーチ及び、記事を仕上げるのに相当な時間を費やしていたため、単価的にはコツコツ仕上げる内職のようなものでした。

プロのライターさんなら、速い人で2,000文字程度なら30分で仕上げるそうです。夢のような話ですが、30分で仕上げることができればガンガン稼げそうですね。

プロのライターさんは、基本的に文章を書くことが好きな人が多いそうです。しかし私のような凡人には興味のない分野で、しかも仕事となるとそうはいきません。

やはりどの分野にも、ある程度のスキルが必要なんだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする