ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え2016夏ver.

ソフトバンクから他社へ乗り換えるには先ず157に電話を掛け音声ガイダンスに従いNMP(ナンバーポータビリティ)を取得。発効日含め15日間有効。

但し、ソフトバンクから傘下であるワイモバイルへの乗り換えには特別オファーの説明を受けそれを了承するとその必要がありません。

スポンサーリンク

ワイモバイル契約までの流れ

楽天モバイルかワイモバイル

楽天モバイルかワイモバイル検討していました。

何故なら電話を掛ける回数が多いこと。

スマホでゲームはしないし動画は殆ど見ない。容量は大して必要なし。

条件にぴったりだったのが楽天モバイルコミコミプランSかワイモバイルスマホプランSでした。

楽天モバイル/コミコミプランS
高速データ通信2GB
5分以内の国内通話掛け放題
1年目1,880円(税別)
2年目2,980円(税別)
3年目2,446円(税別)

ワイモバイル/スマホプランS
高速データ通信1GB
1回10分以内の国内通話が月300回
基本使用量(2年間契約時)
1年目月額1,980円(税別)
2年目月額2,980円(税別)

これだけを見比べてみると楽天モバイルのほうが多少勝っているような。

ワイモバイルへと勧誘される

およそ2ヶ月ほど前ソフトバンクへNMPを取得するため問い合わせた際、加入して2ヶ月ほどして新たに出た掛け放題プランへ変更していたため解約までにはまだ2ヶ月あると言われました。解約又は他社への乗り換え期間は8月21日~10月20日までの間。その間に手続きすれば解除料が発生しないということです。

というわけで再度21日にNMPを取得するため電話を入れたところ今度は1日経過しているため日割りではなく1ヶ月分の使用量が発生するとのこと。なので〆日まで利用したほうが得だと言います。

そんなことなら前回の時点で説明しておくべきでは?というのがコチラの言い分。

なかなか繋がらない問い合わせの窓口。NMPを取得するのって結構面倒臭い。

それに2ヶ月前に2年間適用されていた割引が終わった今では16,000円~17,000円(2台分)もの料金が発生しています。

というわけで、この日ソフトバンクの利用料を1ヶ月分無駄に支払わなけれならないことを承知のうえで楽天モバイルかワイモバイルに乗り換えることにしました。

続けて窓口の方はソフトバンクからワイモバイル特別オファーの説明に入りました。

今なら初期費用3,240円がサービスとなります。

ワイモバイルへ乗り換える特典として初期費用の3,240円が掛からず最安値プランのデータ通信容量が2GBというもの。

ワイモバイルの最安値プランといえば確か1GBだったはず。この条件なら実質0円のスマートフォンにすれば楽天モバイルとあまり変わりありません。

特別オファーを受けた後はワイモバイルのあるどこの店舗でも受付OK。期限はやはり15日間。もし条件が気に入らなければ再度NMPを取得してみてはいかがでしょうか?という内容でした。

ワイモバイルの店舗へ赴く

電話での説明ではワイモバイルにて名前と身分証明書を持参すれば特別オファーの受付はOKということだったんですが

ソフトバンクから届いたメールを店員に見せることでことがスムーズにことが運びます。でなければ店員は右往左往。

メール画像
メール画像

少々ややこしい部分は

容量に関して1GB使用したあと実質無料ですが追加データ0.5GB=500円×2を追加するか自動的にデータが追加される快適モードにするかということ。

またスマホSプランは通常他社からの乗換えだと2,980円のところがソフトバンクからの乗り換えだと何故か3,980円。その金額に対し24ヶ月クーポンが適用され1,000円引きとなること。更に1年目の,1000円引きが適用され結局のところソフトバンク以外の他社からの乗換えと同じ条件になります。唯一初期費用の3,280円が無料になることだけが特典なのです。

やはりあった オプション加入

その他の契約手数料が6,588円。

オプション2ヶ月加入し現金で108円支払うか6,588円現金で支払うかのどちらかを選択しなければいけません。

例えば我が家ですと2機必要なわけですからオプション2ヶ月加入し216円支払うか現金で13,176円支払うかという選択です。

オプションの内容

故障安心パックプラス 月額料690円
Enjoyパック 月額料500円
スマホMプラン 月額料3,980円×2ヶ月

最初の2ヶ月
Mプラン 4,298円
本体 1620円
月割り -1,620円
クーポン -1,080円
故障安心 745円
Enjoy 540円
———————
計4,503円

※加入時は日割りあり

現金で支払うよりオプションに加入したほうがマシというわけです。

解約はネットでもできますが店舗に来てもらうとスムーズですとのこと。

2ヶ月後から2,138円(税込)

2年目から3,218円(税込)となります。

ソフトバンクと同じく2年目の更新月は〆日まで使用しないと損。日割りなしということです。

支払い方法はクレジットカード又はキャッシュカードです。

ソフトバンク傘下のワイモバイル接客。

一言で言うなら「積極的に責めるソフトバンクと受身のワイモバイル」くらいの差を感じました。

ネット環境もソフトバンクでまとめると僅かに安くなる等ソフトバンクでは必死で説明されましたが、そんな説明一切ワイモバイルではなかったです。後に、郵便物が届きました。

あとがき

今までと比べ通信料は抑えられますが2年なんてあっという間。乗り換えって何だか疲れます。

電話さえ頻繁に掛けずに済むならいまどきの格安SIMで十分ですが。

なおワイモバイルSプランは

  • 10分以内の電話を頻繁にかける必要がある
  • データ通信容量を多くは必要としない
  • 最新機種に興味がない

といった方におススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする