即席豆乳カフェオレ 調整豆乳をたっぷり加えて作るカフェオレです。

ちょっと甘い物が欲しいときや、小腹が空いたとき、作って飲んでいる豆乳カフェオレ。調整豆乳で手軽に作れるカフェオレです。

スポンサーリンク

即席豆乳カフェオレ

 豆乳カフェオレ 作り方

作り方は簡単

家にドリッパー及びドリップコーヒーもないので、コーヒーフィルターを折り目に合わせて折りカップの淵に直接、巻き付けるようにしてあてます。
豆乳カフェオレの作り方画像
※なぜなら、フィルターが下にズボっと落ち込んでしまうからです。

コーヒーの粉をメジャーカップすれすれ1杯(1人分)加え、熱湯をカップの3分の1位注ぎドリップします。
豆乳カフェオレの作り方ドリップ画像

この後、お好みで砂糖を加えます。調整豆乳は甘みがあるので、甘みを欲していなければ加えなくてもかまいません。

最後に冷たい調整豆乳を、たっぷり加えます。
紀文 調整豆乳 1000ml  12本セット(6本×2) 常温保存可能
豆乳カフェオレ完成画像
並々と入れ過ぎましたが、これで豆乳たっぷりカフェオレの完成。

 氷を加えても良し、レンジで温めても良し

氷を加えて冷たくして飲んでもかまいませんが、夏場でない限り私はそのままいただきます。

ただし、そのままだとぬるいカフェオレです。また、ドリップコーヒーを暫く冷まして冷たい調整豆乳を注げば氷を加えなくても冷たい豆乳カフェオレが味わえます。

寒い季節なら、更にレンジで温めてもOK。

これだけでも、多少は小腹が満たされます。

 あとがき

紀文の調整豆乳画像

調整豆乳っていろいろありますが、私の味覚には紀文(キッコーマン)の調整豆乳が一番美味しく感じます。近頃は調整豆乳の種類も増え、コレステロール0のスタンダードと特濃、それに加えカロリーオフなんかもあるんですよね。

我が家が、いつも購入するのはスタンダードか特濃。あるほうを買っていますが、はっきり言って味の違いがわかりません。

ちなみに、紀文の豆乳飲料バナナも好きで、出先で小腹が空いたら、たまに買って飲んでます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする